荷物を詰めると寝られななる?

荷物を詰めると寝られななる?

荷物を梱包していてよく問題となってしまうのが、ダンボールだらけになって寝る場所が無くなってしまうということ。荷物が多い家庭や、部屋が広くないとダンボールを積み重ねれば多くのスペースを取ってしまい、過ごす場所さえも無くなってしまうことがあります。でもちょっとしたコツを踏まえて荷物を整理すれば、こんな問題は起こりにくくなりますよ。
その方法は1部屋を荷物を入れる場所として割り切ってしまうものです。寝る場所にダンボールを積み重ねるからスペースが無くなってしまうわけで、使っていない部屋や引越まで使えなくても我慢できる場所を1つだけ確保しましょう。その部屋に一杯一杯ダンボールを積み重ねてもよく、それぞれの部屋に物を入れ終わったダンボールを積み重ねるより意外と多く入れられます。客間があればその場所を、なければ趣味の部屋や書斎などをひとつ潰しダンボール置き場にします。部屋がひとつ無くなってしまうため、まずはその部屋にある物から順に詰めていき隙間なく積み上げれば問題なく過ごせます。不要な衣類を置いてある部屋とか、季節外のスポーツ用品がある場所などを整理すればなんとかなることが多いでしょう。直ぐに使うものは極力最後に梱包してみて下さい。